グランフォーレ

マンション経営ガイド
マンガでわかりやすく解説
友だち追加

【初心者向け】福岡の不動産投資がおすすめな3つの理由とは?

こんにちは、コーセーアールイーです。

第3回目となる今回は、福岡市で不動産投資をおすすめする理由を3つ解説します。

 


 

1.人口の増加が予測されている

 

日本全体では人口が減少している中、福岡市では人口が増えており、将来的にも人口が増加することが予測されています。
(令和2年国勢調査の人口等基本集計結果より)
また10代、20代の割合は政令指定都市の中でもNo.1です。(令和2年国勢調査の人口等基本集計結果より)そのため、ワンルームマンションやコンパクトマンションの需要が多く見込めるため、福岡は不動産投資に適したエリアといえるでしょう。

 


 

出典:http://facts.city.fukuoka.lg.jp/data/population/(福岡市HP)

 

2.東京に比べて物件価格を抑えられる

 

福岡の物件は東京よりも価格が割安な傾向にあります。福岡市の中心部と東京23区を比較しても、東京の2分の1程度の価格で取引きできる事例も多く、人口増加エリアの中で物件の価格を抑えられる点も、福岡のマーケットにおける不動産投資のメリットといえるでしょう。

 

3.都市開発で街がさらに魅力的に

 

福岡では「天神ビッグバン」や「博多コネクティッド」などの再開発プロジェクトが着々と進行しています。航空法の高さ制限の緩和や福岡市独自の容積率の緩和で、天神で52棟、博多で15棟の建て替えが予定されています。(2021年2月までの申請数)これらの開発によって九州やアジアの玄関口として、大きな発展が見込まれています。

プロジェクトが進み、オフィスの延床面積や雇用者数が増えることによる経済効果が見込まれています。不動産市況にも大きく影響を与え、将来キャピタルゲインを生む投資物件も少なくないでしょう。

※キャピタルゲインとは
保有している有価証券や土地などの資産の売却によって得られる売買差益。価格変動に伴う利益のこと。資産の値上がりによって得られる利益を「キャピタルゲイン」、値下がりによる損失を「キャピタルロス」といいます。

 


 

【まとめ】

 

福岡は商業施設やオフィスが集中し多くの企業が進出している面からも生産年齢人口(15歳以上65歳未満)が集まりやすい傾向にあります。さらに、近年では天神・博多エリアの再開発による経済発展も期待できるため、福岡での不動産投資にはプラスの要素が多く、今から不動産投資を始めるなら、福岡エリアから検討してみるのはいかがでしょうか?

コーセーアールイーでは、不動産投資、マンション投資のご相談を受け付けております。お気軽にご相談下さいね。

 

次回も【コラム】をお届けします。お楽しみに!

オーナー様インタビュー:https://granfore.jp/asset/interview/

 

 

 

 

 

マンション投資を分かりやすく解説しています↓
https://granfore.jp/asset/point/#a-Manga1

 

 

アマゾンギフトカードプレゼント
個別相談のお申し込みはこちらから
オンライン相談のお申し込みはこちらから
資料請求のお申し込みはこちらから

※一定の条件があります